自己紹介

自分の写真
医療と生きる全ての人に向けて、患者さんの日常生活支援を事業化しています。抗がん剤治療中や脱毛症向け専門美容室PEERと、患者さんの困りごとをモノ・コト・場所で解決する事業で、医療と生きる日常生活を豊かにする仕事をしています。 このブログでは、日々現場仕事をしながらに気になることを、個人的に書いています。看護師/工学修士(MOT)  ■History 2008 静岡県男女共同参画社会づくり活動に関する知事褒賞 2009 日経ウーマン ウーマンオブザイヤーキャリアクリエイト部門5位 2009 経済産業省ソーシャルビジネス55選 2010 日本商工会議所女性起業家大賞特別賞 2013 内閣府女性のチャレンジ賞 2014 静岡ニュービジネス大賞特別賞 2015 イノベーター公志園4期 2016 TEDxHamamatsu2016スピーカー

2018年6月9日土曜日

カカオ茶、甘くないけどチョコレート。コーヒーもカカオも、殻が売れているそうです。

カカオの殻を使ったカカオ茶をいただきました。味は、あまくないチョコレートの匂いのする、少しとろりとしたお茶でした。


ピエール・マルコリーニのカカオ茶。
高級そうな瓶です。

先日、どこのメディアか忘れてしまったのですが、コーヒー豆の果皮を乾燥させたカスカラコーヒー(コーヒー茶)が人気で、スタバでもティーとして提供を始めたという記事を読みました。こちらもフレーバーティとして人気のようです。

調べたところ、カスカラとはスペイン語で籾から(もみがら)という意味で、カスカラコーヒーはコーヒーチェリーからコーヒー豆を取り除いた後の果皮を乾燥させたものだそうです。

ほほう。世界は広い。

リッチフレーバーのコーヒーもココアもおいしいけど、その風味を楽しみながらごくごく飲めるフレーバーティも楽しいですね。夏って感じ。

個人的感想ですが、このカカオ茶、チョコを知らずにこれを飲むとなんじゃこりゃとなりそうな味です。ところが、チョコが好きでコレを飲むと、チョコの匂いがするフレーバーティだとテンションが上がります。先に刷り込まれている先入観がプラスのとき、ソレを連想させるようなタグ付けをしてブランディングしたらうまくいく、っていう実体験でした。カカオ茶、カフェインレスで0カロリーでチョコレート気分。