自己紹介

自分の写真
医療と生きる全ての人に向けて、患者さんの日常生活支援を事業化しています。抗がん剤治療中や脱毛症向け専門美容室PEERと、患者さんの困りごとをモノ・コト・場所で解決する事業で、医療と生きる日常生活を豊かにする仕事をしています。 このブログでは、日々現場仕事をしながらに気になることを、個人的に書いています。看護師/工学修士(MOT)  ■History 2008 静岡県男女共同参画社会づくり活動に関する知事褒賞 2009 日経ウーマン ウーマンオブザイヤーキャリアクリエイト部門5位 2009 経済産業省ソーシャルビジネス55選 2010 日本商工会議所女性起業家大賞特別賞 2013 内閣府女性のチャレンジ賞 2014 静岡ニュービジネス大賞特別賞 2015 イノベーター公志園4期 2016 TEDxHamamatsu2016スピーカー

2018年5月12日土曜日

チェコでインパクトが大きくて苦笑した事件まとめ

チェコ滞在中、インパクトが大きく面白かったものをまとめておきます。
へー、と面白い外国の話を読んで、ついつい行きたくなっちゃうチェコ好きが増えますように。(と言っても私も1回目ですけど)

■ネーミングがひどいけど美味しいもの
ホスポタ(ごはんも安くて美味しいバー)では、おつまみにウトペネツ(白ソーセージを酢漬けピクルスにして、マスタードつけて食べるさっぱり料理)がおすすめ。300円くらいです。

ウトペネツとは水死体という意味です。
ソーセージがピクルス液を吸って、そういうことです。おいしいよ!!


こんな風にお皿に出てきます。豪快にどうぞ。

■おばあちゃんも大ジョッキ
御年70代と見られるおばあちゃん二人組、座ってとりあえずビール大を注文。たくさんもらったと思われるチラシを見ながら楽しそうにおしゃべりしつつ、グイグイ飲む。
お茶じゃないよ、ビールだよ、14時だよ。
よく見たら、街中にその風景が。いいね、さすがビールの個人消費量世界No1。

■観光地価格が著しい
チェコNo1人気キャラのもぐらのクルテクがついたホーローのカップの値段がバラバラだった。


旧市街地のみなさんが観光で可愛い雑貨をの買い物にやってくるエリアで380cK。プラハ城に向かう橋のたもとのかわいい雑貨屋さんで180cK。空港で280cK。もちろん全部同じメーカーの同じ商品ですよ。(1cK=約5円)
しかも、このホーローカップいくつか持ってみるとほぼ全部重さがかなり違う。ずっしりから軽いものまで。いいね、このばらつき。なんとなくホッとする。

結論は、おみやげ買うなら旧市街地からプラハ城に抜ける橋のあたりの雑貨屋さんがおすすめ。地元の人が多いエリアで、お土産用じゃない素敵なものも売っていました。