自己紹介

自分の写真
医療と生きる全ての人に向けて、患者さんの日常生活支援を事業化しています。抗がん剤治療中や脱毛症向け専門美容室PEERと、患者さんの困りごとをモノ・コト・場所で解決する事業で、医療と生きる日常生活を豊かにする仕事をしています。 このブログでは、日々現場仕事をしながらに気になることを、個人的に書いています。看護師/工学修士(MOT)  ■History 2008静岡県男女共同参画社会づくり活動に関する知事褒賞 2009日経ウーマン ウーマンオブザイヤーキャリアクリエイト部門5位 2009経済産業省ソーシャルビジネス55選 2010日本商工会議所女性起業家大賞特別賞 2013内閣府女性のチャレンジ賞 2014静岡ニュービジネス大賞特別賞 2015イノベーター公志園4期  2016TEDxHamamatsu2016スピーカー

2018年5月28日月曜日

感覚値を統計で裏付けられたらぐぅの音も出ない 公衆衛生が証明するつながりの価値

最近めっちゃ笑えた本。
つながり、は、健康要素であり、社会保障費の増大を抑制する。

タイトルそのまま。
なぜ夫と別れても妻はかわらず健康なのか

ゴシップとイメージで語られがちなコレをメタ研究で「ホントだから」と根拠を示される一冊。もう、笑うしか無い。男性たちよ、しっかりしましょう。女性の皆様、引き続きタックを組んでいきましょう。

先進国日本はたくさんの統計データをとっています。それをどう使うのかは、研究者のセンスだなと再認識。妻にすてられても、ずっとシングルでも、性別に関係なく元気でいきていくための方法を、データ分析から突きつけられる一冊です。

私の周りは離婚率とシングル率が男女ともに日本平均以上なので、みんなにおすすめしたい一冊です。