自己紹介

自分の写真
医療と生きる全ての人に向けて、患者さんの日常生活支援を事業化しています。抗がん剤治療中や脱毛症向け専門美容室PEERと、患者さんの困りごとをモノ・コト・場所で解決する事業で、医療と生きる日常生活を豊かにする仕事をしています。 このブログでは、日々現場仕事をしながらに気になることを、個人的に書いています。看護師/工学修士(MOT)  ■History 2008静岡県男女共同参画社会づくり活動に関する知事褒賞 2009日経ウーマン ウーマンオブザイヤーキャリアクリエイト部門5位 2009経済産業省ソーシャルビジネス55選 2010日本商工会議所女性起業家大賞特別賞 2013内閣府女性のチャレンジ賞 2014静岡ニュービジネス大賞特別賞 2015イノベーター公志園4期  2016TEDxHamamatsu2016スピーカー

2017年3月11日土曜日

提案書を作り込むか、それをも早めに聞きに行くのか。ゲラで提案を出だすのは勇気がいりますよね。

最近、企画書ってどんな感じで作っていますか?と聞かれたので、メモ程度ですが回答です。

提案書をよく書きますが、最初の書面は結構適当なペライチです。
(ペライチとは、A4紙一枚程度の簡単なアイデア企画書のこと)

私の個人的妄想は、先方さんの認識とは絶対に噛み合わないのです。
ですので最初のペライチは、こんなこと考えていますけど、どう思いますか?コストはこんな感じっていう軽いやつです。

私の場合は、それを持って、直接話を聞きに行きます。会ってもらう時間の分だけ、何かお返しせねばならないので、ちょっとは良い提案をしたいと思います。とはいえ、だいたい、最初のお話はしょうもなくて何の役にも立たない戯言です。
提案書を作り込むのは、ちょっとわかってきてからです。
提案のミーティングは、先方さんに1時間くらい頂いて、良い質問もできるといいですよね。