自己紹介

自分の写真
医療と生きる全ての人に向けて、患者さんの日常生活支援を事業化しています。抗がん剤治療中や脱毛症向け専門美容室PEERと、患者さんの困りごとをモノ・コト・場所で解決する事業で、医療と生きる日常生活を豊かにする仕事をしています。 このブログでは、日々現場仕事をしながらに気になることを、個人的に書いています。看護師/工学修士(MOT)  ■History 2008 静岡県男女共同参画社会づくり活動に関する知事褒賞 2009 日経ウーマン ウーマンオブザイヤーキャリアクリエイト部門5位 2009 経済産業省ソーシャルビジネス55選 2010 日本商工会議所女性起業家大賞特別賞 2013 内閣府女性のチャレンジ賞 2014 静岡ニュービジネス大賞特別賞 2015 イノベーター公志園4期 2016 TEDxHamamatsu2016スピーカー

2017年7月15日土曜日

伸びるフリーサイズウィッグを作りました。

新商品を作りました。よく伸びる水泳帽子のような生地を使って、子どもから大人まで脱毛時期をもっと自由に暮らしてもらうために設計しました。

できちゃえば、へー、こんなもんか、なんです。
コロンブスの卵と一緒。クシャッとしちゃえば、卵は立つ。
でも最初にそれを作り出すまでが勝負。そこを乗り越えて、商品化です。


このとおり、びよーんと伸びます。

髪の毛がある状態でも、なくなっても、子どもでも、大人でも、帽子感覚でかぶれるウィッグです。

ウィッグって、サイズがあって、きちんとその人にあわせて作り込むことが前提とされてきました。でも、実際の日常生活では、もうすこしゆるい部分があるとラクです。
というわけで、つくってみました。


今までのウイッグは、しっかりするか、帽子を併用してラクに過ごすの2択でした。
真ん中が足りない。



というわけで、新商品でココを埋めます。

お家の中で帽子を使うのに抵抗がある人は結構います。お話を聞いていると、そこが大きい。あと、ちょっと洗濯物を干したり、コンビニに行くのに帽子も、不自然だし抵抗がある。室内で帽子を被る習慣のない日本です。この日本文化の中にさっと溶け込むように作りました。

サンプルを連携している美容師さんたちに見てもらったとき、いいねー!と感動してもらったのが嬉しかったです。そして今、病院の展示コーナーに設置もはじまり、動き始めました。早く皆さんにお届けしたいです。