自己紹介

自分の写真
医療と生きる全ての人に向けて、患者さんの日常生活支援を事業化しています。抗がん剤治療中や脱毛症向け専門美容室PEERと、患者さんの困りごとをモノ・コト・場所で解決する事業で、医療と生きる日常生活を豊かにする仕事をしています。 このブログでは、日々現場仕事をしながらに気になることを、個人的に書いています。看護師/工学修士(MOT)  ■History 2008 静岡県男女共同参画社会づくり活動に関する知事褒賞 2009 日経ウーマン ウーマンオブザイヤーキャリアクリエイト部門5位 2009 経済産業省ソーシャルビジネス55選 2010 日本商工会議所女性起業家大賞特別賞 2013 内閣府女性のチャレンジ賞 2014 静岡ニュービジネス大賞特別賞 2015 イノベーター公志園4期 2016 TEDxHamamatsu2016スピーカー

2016年7月11日月曜日

夏バテ→チョコアイスとその愛情で回復

夏バテ気味でしたが、おいしいチョコレートアイスと同期からの愛情で一瞬にして回復した話です。

6月後半から、これからの会社と人生のあり方を社会の大先輩たちに揉んでもらう機会をつくってきて、頭を使いすぎて溶けそうなところにこの暑さ。


ぼーっとしているにも程がある、という感じでした。


それを見た同期が、この時期にたまらないものを送ってくれました。
彼のところで作っている、インドネシアの提携農園産のカカオ豆を100%使った濃厚チョコアイス。



自家焙煎のカカオ豆をパラパラっとちらして食べます。エクセレント。
このアイスとこの愛情のおかげさまで、もう完全元気です。


さて、このチョコレートを作っている吉野くんは、ダリケーという京都の小さなチョコレート屋さんをやっています。店舗は小さいですが、彼は、このチョコレートを真ん中に据えて、インドネシアのチョコレート農家さんたちの生活を変えていこうとしています。

インドネシアの政府とタイアップして広範囲のカカオ農家の生活を改善するプロジェクトを推進したり、サロン・ド・ショコラにショコラティエもいないのに出展したり(それが好評を得てまたびっくり)、派手なこともしていますが、カカオを焼いたりチョコを作ったり農家ツアーにいったり、高い目標をみつつ足元も大事に育てるスーパーチョコレートマンです。


彼は先日ガイアの夜明けにも取り上げられた、超努力家のスーパーチョコレートマン。経歴はすごいですが、彼は裕福な家の出身ではなくて、めっちゃバイトをして、その分努力して、がんがんキャリアを築いたあとで、チョコレートマンに変身してしまいます。


ガイアの夜明け youtbeより

彼とは2015年、社会事業系のブラッシュアップスクールの同期ですが、もう全然人間としての才能のレベルが違う、わっははは、と笑うしか無い感じでした。
毎度毎度越えられない壁の向こう側にいる人達に出会うと、笑いしかでてきません。

彼が見えてる世界観はきっと、わたしには1割くらいしか見えていないと思います。
それでも、本気で変えようとして挑んでいて、成果を出していくその姿は美しい。


ダリケーのショップ
http://dari-k.shop-pro.jp/