自己紹介

自分の写真
医療と生きる全ての人に向けて、患者さんの日常生活支援を事業化しています。抗がん剤治療中や脱毛症向け専門美容室PEERと、患者さんの困りごとをモノ・コト・場所で解決する事業で、医療と生きる日常生活を豊かにする仕事をしています。 このブログでは、日々現場仕事をしながらに気になることを、個人的に書いています。看護師/工学修士(MOT)  ■History 2008静岡県男女共同参画社会づくり活動に関する知事褒賞 2009日経ウーマン ウーマンオブザイヤーキャリアクリエイト部門5位 2009経済産業省ソーシャルビジネス55選 2010日本商工会議所女性起業家大賞特別賞 2013内閣府女性のチャレンジ賞 2014静岡ニュービジネス大賞特別賞 2015イノベーター公志園4期  2016TEDxHamamatsu2016スピーカー

2017年6月12日月曜日

クラシエのアドバイザー研修でした ロールプレイでワガコト振り返りを180分、濃い時間でした!

画像に含まれている可能性があるもの:画面
クラシエホームプロダクツでカウンセリング技法の講習会でした。理美容のプロフェッショナル用商材の全国アドバイザーが一同に会して学び合う貴重な一日です。

今回は、カウンセリング技法のセミナーということで、技法の講義を少しだけしてから、自分の普段の接客を振り返り、自分たちの接客を再現するワークショップ などを実施しました。

参加者から、実はサービスの事前カウンセリングではあまり問題は出ないけど、問題がでるのは施術からその後なのだ、だから事前の正しい情報提供は大事だし、そのために丁寧なカウンセリングは大事とわかった!というコメントがありました。

そう、事前にちゃんと伝えることは大事です。
でもそのときに、注意書き一覧を渡すようなあたたかみのない方法はNG。

相手のニーズや心地よい接遇のポイントをカウンセリングで引き出して、感じておく。
そこに合うように、丁寧に必要なことをわかり易い言葉で伝える。
これは大事です。

決めるのはお客さまです。
気持ちよく決定していただけるように、気持ち良く安心して話せる空間を。
カウンセリングは、空間づくりです。