自己紹介

自分の写真
医療と生きる全ての人に向けて、患者さんの日常生活支援を事業化しています。抗がん剤治療中や脱毛症向け専門美容室PEERと、患者さんの困りごとをモノ・コト・場所で解決する事業で、医療と生きる日常生活を豊かにする仕事をしています。 このブログでは、日々現場仕事をしながらに気になることを、個人的に書いています。看護師/工学修士(MOT)  ■History 2008静岡県男女共同参画社会づくり活動に関する知事褒賞 2009日経ウーマン ウーマンオブザイヤーキャリアクリエイト部門5位 2009経済産業省ソーシャルビジネス55選 2010日本商工会議所女性起業家大賞特別賞 2013内閣府女性のチャレンジ賞 2014静岡ニュービジネス大賞特別賞 2015イノベーター公志園4期  2016TEDxHamamatsu2016スピーカー

2017年10月24日火曜日

社会福祉法人の理事会でした 特養のこれから

これから特別養護老人ホーム(以下特養)を開設する社会福祉法人の理事をしています。理事会では、進捗の確認や、お金のお話など、今とこれからを共有しています。

私は、大きなお金のお話よりも、これから地域に貢献する特養として、どのように運営されていくのか、そちらに興味津々です。

まずは建物ができて、中に什器が入り、スタッフが入り、入居者が入ってきます。
特養は介護度3−5の、日常生活に介護が必要な人達が入居します。入居、とは、すなわち新しいお家になるということ。

施設介護は、高齢者を閉じ込める場所ではありません。命の安全のために、多少のルールはあります。しかし、あくまで「おうち」。衣食住と、その人らしく生きる人間らしさを支える場です。

施設なんてかわいそう、という声はまだまだあります。
施設に入居させる家族にも、多少の後ろめたさがあるように感じます。

いえいえ、そんなことないですよ!!!

家族だけの介護はかなり大変なことです。
痩せてきても、オトナ1人をよいしょっと車椅子に移すのは、コツがわからないと結構大変です。ごはんの介助も、ごっくんのタイミングとか、今日は食べられる日・そうじゃない日の判断、誤嚥していないかな、とか、見るポイントは盛りだくさん。

それに、介護する人の人生もあります。

私は、実母が寝たきりになってしまって、あー介護って大変だ!!と実感しました。もう亡くなりましたが、夜中におむつ交換をして、たんの吸引して、朝から普通に働いて、これは倒れるわ!と妙に納得した記憶があります。
(私は看護師で、それなりに色々分かるのに!)

というわけで、特養は昔のイメージとはちがいます。
もっと、人を支える場所になっています。

介護をする人たちが、介護を抱え込まなくていいようになるように、施設ケア、在宅ケア、どちらも大事なものです。
誰のための介護なのか。
それは本人と家族の暮らしやすい毎日のための介護です。
周りの人は、暖かく見守りましょう。施設介護、なかなかレベル高くなってますよ。