自己紹介

自分の写真
医療と生きる全ての人に向けて、患者さんの日常生活支援を事業化しています。抗がん剤治療中や脱毛症向け専門美容室PEERと、患者さんの困りごとをモノ・コト・場所で解決する事業で、医療と生きる日常生活を豊かにする仕事をしています。 このブログでは、日々現場仕事をしながらに気になることを、個人的に書いています。看護師/工学修士(MOT)  ■History 2008静岡県男女共同参画社会づくり活動に関する知事褒賞 2009日経ウーマン ウーマンオブザイヤーキャリアクリエイト部門5位 2009経済産業省ソーシャルビジネス55選 2010日本商工会議所女性起業家大賞特別賞 2013内閣府女性のチャレンジ賞 2014静岡ニュービジネス大賞特別賞 2015イノベーター公志園4期  2016TEDxHamamatsu2016スピーカー

2016年4月20日水曜日

とりあえず、やってみる。新展開にトライします。

専門美容室ピアをはじめて約10年がたちました。やってみて解ったことは、これもいいけど、他の手段も必要ということ。

美容室はある一定の人に絶対的に役に立ちます。ウィッグを必要とする患者さん本人を中心に、本人に直接働きかけることができます。

しかし、これからの地域包括ケアをかんがえてみると、この患者さんを支える周りの人たちにもっとアプローチしたくなりました。

というわけで、浜松市の遠州鉄道曳馬駅から徒歩1分の小さな物件を借りました。
今回は、雑貨屋くらいの気軽さで立ち寄れる普通の場所を作ります。

「ピアウェルショップ」
ウェル=well、well being(幸せな、いい状態)をめざして、治療や疾患と上手におつきあいできるちょっとしたものが買えるお店、かつ、情報もあるお店。
ネットでいろいろ探して工夫できる人たちにも役立つ、手軽な場所をめざします。



現在、オリジナルの帽子だけでも種類がこの2倍ほどあるので、すでに平置きスペースが足りません。症状・状況別に少しずつ違いが有ります。例えば脳外科で切ったあとは少しクッション性がある帽子のほうが安心、とか。


目の前の通りは、抜け道になっているため朝晩は少し込みます。


写真では黒っぽい屋根ですが、本物は濃紺です。
以前は花屋だった場所です。

曳馬駅の東側、居酒屋別格→美容室みずき→ピアウェルショップ、と並んでいます。
P1台、お店の前に止められます。4月はプレオープン、5月GW連休明けにオープンします。


ピア ウェルショップひくま
静岡県浜松市中区曳馬4丁目20−7

暫くの間、お店の立ち上げのためこちらにほぼ常駐いたします。
出張を伴うお仕事はお断りさせていただき、打合せもここに来ていただくことにしました。

みなさま、ピアの新しいチャレンジにご理解ご協力をいただき、ありがとうございます。気付いたことは、できそうな方法でまず現場をつくってみて、つぎに一般化していきます。