自己紹介

自分の写真
医療と生きる全ての人に向けて、患者さんの日常生活支援を事業化しています。抗がん剤治療中や脱毛症向け専門美容室PEERと、患者さんの困りごとをモノ・コト・場所で解決する事業で、医療と生きる日常生活を豊かにする仕事をしています。 このブログでは、日々現場仕事をしながらに気になることを、個人的に書いています。看護師/工学修士(MOT)  ■History 2008静岡県男女共同参画社会づくり活動に関する知事褒賞 2009日経ウーマン ウーマンオブザイヤーキャリアクリエイト部門5位 2009経済産業省ソーシャルビジネス55選 2010日本商工会議所女性起業家大賞特別賞 2013内閣府女性のチャレンジ賞 2014静岡ニュービジネス大賞特別賞 2015イノベーター公志園4期  2016TEDxHamamatsu2016スピーカー

2016年1月27日水曜日

本屋で平積みされていた「海辺のカフカ」を読みました。初版から何度か買って読んだけど未だによくわかりません。

久しぶりに村上春樹の長編小説「海辺のカフカ」を再読しました。

上下巻セットの難解な長編小説です。その内容のほとんどをすっかり忘れていました。何度か読んだので、カフカ少年が家出して、いろんな場所の一部となりながら、宿命の中でもがきながら、価値観を再構築していく、というようなストーリーは覚えていましたが、細部は完全に忘れていました。おかげで新鮮な気持ちで読書をどっぷり楽しむことができてラッキー。

10回位は再読している本なのに、何度よんでもよくわからない部分があります。死生観、宗教観やギリシア文学のそれを理解していない私には、おそらく一生わからない何かががあります。それでも村上春樹の空気感は好きです。

そもそも、再読のきっかけは出張途中の本屋で偶然平積みされていたから。もし、店員さんがそこに平積んでくれなければ、私はあの日は手に取らなかったし、移動中に一気読みはしなかったはずです。

Amazonも便利で使いますが、やっぱりリアル本屋がでの出会いの魅力は格別です。しかるべき時に、しかるべき本に出会うものです。

読み終えて、初版年度をみてびっくり。
なんと初版は2002年。あれから15年もたっている。しかし、この本のことは15年たっても、まだ解らない。またそのうち、読みたいと思います。

紙の本は終わりが近いと言われますが、デバイスとしての紙の本の価値はまだ優位性があると私個人は考えています。こんなに考えさせられる情報がこんなに詰まった持ち運べるデバイスが、あちこちで売られていて、買って持ち運びながら自分の一部とすることが出来るのですから。