自己紹介

自分の写真
医療と生きる全ての人に向けて、患者さんの日常生活支援を事業化しています。抗がん剤治療中や脱毛症向け専門美容室PEERと、患者さんの困りごとをモノ・コト・場所で解決する事業で、医療と生きる日常生活を豊かにする仕事をしています。 このブログでは、日々現場仕事をしながらに気になることを、個人的に書いています。看護師/工学修士(MOT)  ■History 2008静岡県男女共同参画社会づくり活動に関する知事褒賞 2009日経ウーマン ウーマンオブザイヤーキャリアクリエイト部門5位 2009経済産業省ソーシャルビジネス55選 2010日本商工会議所女性起業家大賞特別賞 2013内閣府女性のチャレンジ賞 2014静岡ニュービジネス大賞特別賞 2015イノベーター公志園4期  2016TEDxHamamatsu2016スピーカー

2017年2月1日水曜日

リーダーの体調不良は経営リスクと言われた話

先日、岐阜県関市で行われたソーシャルビジネスプレゼン大会の審査員をした際に、タイトルの「リーダーの体調不良は経営リスク」について考えさせられました。


関のソーシャルビジネスプレゼン大会運営メンバーと。
終了後ほっとしてから写真撮影です。


きっかけはほんのちょっとした雑談。同席した関市長から苦笑とともに言われた「さとうさんからプレッシャーを感じます」という一言。プレッシャー与えて関市長の調子が悪くなったら。そう考えると私がリスク要因となり、一気に病原菌扱い。

たしかに、リーダーの健康不調は経営リスクで、その原因となるものは、リスク要因です。リスク要因は社会変化やマーケット動向などの事業環境だけではなく、人的要因も大きいです。

これはリーダーも人間だから、ですよね。
専用AIが発達して、リーダーを演じる専用AIが一般化して、この経営リスクが減少する日が来るのかな。

ちなみに、個人的には周囲でノロやインフルエンザが流行っていますが、全くどこ吹く風の健康体です。
頭が痛いとか(天気が悪いだけ)、首がもげそうに痛いとか(単なる肩こり)、ちょっとした不調はありますが、七転八倒で苦しむようなことがあまりないです。今年も元気に仕事ができそうです。