自己紹介

自分の写真
医療と生きる全ての人に向けて、患者さんの日常生活支援を事業化しています。抗がん剤治療中や脱毛症向け専門美容室PEERと、患者さんの困りごとをモノ・コト・場所で解決する事業で、医療と生きる日常生活を豊かにする仕事をしています。 このブログでは、日々現場仕事をしながらに気になることを、個人的に書いています。看護師/工学修士(MOT)  ■History 2008 静岡県男女共同参画社会づくり活動に関する知事褒賞 2009 日経ウーマン ウーマンオブザイヤーキャリアクリエイト部門5位 2009 経済産業省ソーシャルビジネス55選 2010 日本商工会議所女性起業家大賞特別賞 2013 内閣府女性のチャレンジ賞 2014 静岡ニュービジネス大賞特別賞 2015 イノベーター公志園4期 2016 TEDxHamamatsu2016スピーカー

2016年2月8日月曜日

経営学部で学べることと、学べないこと。ゼミ合宿のスピーカーをしてきました。



今日の富士山は抜群に綺麗でした。
静岡県裾野市にある帝人の合宿所で、経営学部1年生のゼミ合宿へゲストスピーカーとして参加してきました。

経営学部の1年生ですが、起業家教育をかかげるゼミなので、現時点で9割の学生が起業希望。全体的に元気のある、なんでも自分事としてキャッチして質問もできる、前のめりな学生たちでした。

経営学部にきても、起業の大変さはかわらないし、失敗リスクも下がらないと思っています。本当のところは、その手の研究をしているわけでもなく、データもないので確証はありませんが。とにかく、受動的に経営学部にきて終了しただけでは、何もかわらないことは事実です。

でも、ここで起業や経営についての知識を入れながら刺激を受けて、仲間や先生や私達のような実際に経営に携わる人間と真剣に話し頭をひねる中で、起業の発想をもつ脳みそがそだちそうです。

インプットしたものをただアウトプットしても、テストで良い点数をとれるだけです。
その知識×自分の気付きと脳みその発想で、新しい気づきを事業化していくのです。

だから、外に出て、見て、感じて、話し合え。脳みそが耳から出てきそうなくらいに考えろ、と今日は厳しいことをいってきました。

厳しいことを言うと、その言葉は自分にも返ってきますので、身が引き締まります。
10年後、このゼミから何人のアントレプレナーが生まれているのか。楽しみです。